スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青ヶ島に取材が来ていました

DSCF1487.jpg

「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」(テレビ東京)の取材が来ていました。
島ダスというコーナーの取材のようです。
まずは港で、「ひんぎゃの塩」の原料となる海水をくんでいるところの取材です。
モンキッキーさんが来ていました。
邪魔をしないように青翔橋の上からの風景です。

その後は、製塩事業所で取材のようです。
ちょうどキクラゲを取った帰りで車がすれ違いました。
製塩事業所の前に、キクラゲを干していたのですが、気がついたかな?

十一屋さんで買い物をしていたら、車にモンキッキーさんのサインがしてありました。
字がとてもきれいで、イラストも上手でした。
買い物中にモンキッキーさんが入ってきました。
背が高くて、テレビでみるより男前です。
テレビに映らないように逃げ回っていましたが、見つかってしまいインタビューされました。
おもしろいこと言っていないのでたぶんカットです。

式根島まで来たソーラーカーだん吉は、青ヶ島までたどり着けるのでしょうか?
スポンサーサイト

エン麦の刈り取り

DSCF1495.jpg

立派な野菜をちょくちょく頂くので、
力及ばずですが、お礼にお手伝いに行きました。
エン麦という麦を刈る作業です。
手袋とカマ持参です。

広大な土地にエン麦が出来ていました。
やや倒れかけていて、少し刈り取るには遅いようですが、
穂先にはたくさんの麦が出来ています。
牛のえさにするためですが、加工品はオートミールといって食べることが出来ます。
青ヶ島では食べる人はいないと思いますが・・・。

刈り取った麦を一つにまとめて縄で縛ります。


DSCF1499.jpg


毎日朝夕とエン麦やマグサを30~40束ほど刈るようです。
トラックに山盛りにして2回分です。
本当に毎日お疲れさまです。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

キクラゲ

DSCF1494.jpg

丸山へ散歩に行きました。
目的は以前に見つけたキクラゲがどうなったかを調べるためです。
夏に近くなってきたので、枝が伸びて遊歩道が歩きにくかったです。
場所を覚えていたつもりでしたが、久しぶりで木々やシダ類がうっそうと茂っていたので、
場所が分かりませんでした。
通り過ぎたりしながらも見つけました。
一ヶ月以上忘れていたので、キクラゲはとても大きくなっていました。
さっそく収穫していつもお世話になっている人におすそ分けです。

キクラゲはマルバグミの木になっていました。
マルバグミは青ヶ島ではネンショグミとも呼ばれていて、つる性の植物です。
かなり大きくなるとツルだと思えないぐらい太くなります。
今回見つけたグミのツルも直径5cmぐらいはあり、大きな木の枝のようです。
帰り道で枯れかけた木にもキクラゲが付いていました。
簡単に折れたのでこちらからも収穫しました。


DSCF1485.jpg

池之沢では、ゴマダラカミキリが飛んでいました。
これから夏になると青ヶ島でもたくさん見ることができます。

ハチジョウグワの実

DSCF1440.jpg

ハチジョウグワの実が熟してきました。
ハチジョウグワはクワ科クワ属の落葉低~小高木です。
ヤマグワに比べ、果実が大きいです。
子供達が低いところの熟した黒い実を食べていますが、
高いことところのものは大人しか食べられません。
取っても取ってもどんどん熟してくるので、食べきれません。
熟してきた実が多くなってきたので、アリや小さな虫たちがつき始めました。
よく注意をして食べないといけません。
子供達がクワの葉を一生懸命取っていました。
学校でカイコを飼っているので、クワの葉が必要のようです。
少しクワの葉っぱを取るお手伝いをしました。


DSCF0534.jpg

葉は切れ込みがないもの、2~5つに分裂するものなど様々なものがあります。
やや光沢がありますが、ざらざらしています。
雌雄異株で実がなるのは雌株です。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

ドクダミの花

DSCF1359.jpg

ドクダミの花が咲いています。
ドクダミはドクダミ科ドクダミ属の多年草です。
5月~7月にかけて、白い花が咲きます。
白い花は、4枚ありますが、実は白い部分は本当の花びらではありません。
白い部分は、葉に近い性質を持った総苞片(そうほうへん)と呼ばれています。


DSCF1357.jpg

実際の花は、中心のやや黄色い部分で、小さな花が集合しています。
葉は独特の臭いにおいがあります。
草取りをすると手に独特の臭いがつきます。


DSCF1415.jpg

葉の縁はハート型で紫色をしています。
葉は緑~紫色をしており、よく目立ちます。
ピンク色の葉がありました。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

ベニバナボロギクの花

DSCF1382.jpg

ベニバナボロギクの花が咲いています。
ベニバナボロギクはキク科ベニバナボロギク属の1年草です。
葉は羽状に裂け、柔らかいものは食用になります。
高さは30~70cmです。


DSCF1383.jpg

花の大きさは1~1.5cmでくすんだような赤い花が下向きに咲くのが特徴です。
花は筒状花といって、先が少し開くだけで、一般的な菊のように花びらがすべて開くことはありません。
花が咲き終わると、白い綿毛ができます。
花の先端の色は落ちついた赤いきれいな色です。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

ノビルの花

DSCF1408.jpg

ノビルの花が咲いています。
ノビルはユリ科ネギ属の多年草です。
葉は20~30cmですが、まっすぐ立ち上がる花茎は60cmほどになります。
青ヶ島MANさんに立派な花が咲いてる場所を教えてもらったので、
写真を撮っていたらちょうど通りかかりました。
花まで入れると3~4cm、中心の黒い部分だけでも1.5~2cm近くあります。
他のノビルに比べるとかなり大きいです。
毎年、大きなノビルの花が咲くようです。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

アカメガシワの花

DSCF1372.jpg

アカメガシワの雄花が咲いています。
サウナのまわりが温かいためか、良く咲いています。
アカメガシワはドウダイグサ科アカメガシワ属の落葉高木です。
アカメガシワは新芽が赤い鱗片に覆われているので、この名前がついています。
雄花の方が大きくてよく目立ちます。


DSCF1378.jpg

雌花も咲いています。
雌花の方が小さく目立ちにくいですが、色がきれいです。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

ハチジョウイボタの花

DSCF1399.jpg

ハチジョウイボタの花が咲いています。
ハチジョウイボタは、モクセイ科イボタノキ属の半常緑低木です。
花は小さいものがまとまり房状に咲きます。
まだ咲き始めですが、近づくと香りがします。
たくさん咲くと強い香りがします。


DSCF1343.jpg

5月の初めからつぼみが出来ていたので、楽しみにしていましたがやっと咲きました。
葉を丸めて草笛にして遊ぶそうですが、何度か試してみても
コツがつかめず音はなりませんでした。
若い新芽を使ったのがいけなかったのでしょうか。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

クチナシの花



クチナシの花が咲いています。
クチナシはアカネ科クチナシ属の常緑低木です。
白いきれいな花です。
すこし近づくだけで、ジャスミンのようなすっきりとした甘い香りがします。
葉は光沢があり、葉脈がはっきりとしています。


IMG_5288.jpg

秋~冬にかけて特徴的な形をした赤い実をつけます。
色づいた物を乾燥させ、水につけると黄色い色素になります。
栗きんとんやたくわんの色をつける染料になります。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。