スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリヅルランの花

DSCF2009.jpg

オリヅルランの花が咲いています。
オリヅルランは、ユリ科オリヅルラン属の多年草です。
ある程度、株が大きくなるとランナーを出して白い花が咲きます。
ランナーの先には、葉や根が出ているので、切って植えると増やすことが出来ます。


DSCF2008.jpg

葉の中央が白いナカフオリヅルランと葉の縁が白いソトフオリヅルランがあります。
池之沢周辺にあるものは、ソトフオリヅルランでした。


DSCF2065.jpg

池之沢のハウスを見せていただいたら、立派なユリがたくさん咲いていました。
マーガレットを植えた方のハウスです。
今は球根を増やして、将来は出荷したいと言っていました。
青ヶ島の産業が一つでも増えるのはうれしいことです。
帰り際にユリと切り葉を頂きました。
花瓶にかざってみると、花がとても大きく、部屋中よい香りがします。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

theme : 自然の中で
genre : ライフ

ハマボッスの実

DSCF2011.jpg

ハマボッスの実がなっています。
ハマボッスは、サクラソウ科オカトラノオ属の2年草です。
草丈は10cm~40cmになります。
茎の先に白い花が密集してつきます。
花は5月頃に咲いていました
実は5mmほどで、熟すと茶褐色になりますが、まだ緑色をしていました。
実の形が、僧侶が用いる祓い清めの道具「払子(ほっす)」に似ていることから、ハマボッスと呼ばれています。


DSCF2053.jpg

大人数で作業したので、カンモジョの草取りも終わったようです。
天気がよかったので暑かったです。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

ダンドボロギクの花

DSCF1983.jpg

ダンドボロギクの花が咲いています。
ダンドボロギクは、キク科タケダグサ科の一年草です。
タケダグサベニバナボロギクに似ていますが、花は淡黄色で見分けが付きます。
草丈は50cm~150cmほどになります。
花は筒状で上向きに付きます。


DSCF2045.jpg

今日は午前中は雨でしたが、カンモジョ(サツマイモ畑)の草取りでした。
暑くなくて作業はしやすい気温でした。
カンモよりも雑草の方がよく育っています。
取っても取っても取りきれないぐらいあります。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

スカシユリの花

DSCF1958.jpg

スカシユリの花が咲いています。
スカシユリは、ユリ科ユリ属の多年草です。


DSCF1976.jpg

花は7cm~10cmと大きく、オレンジ色に赤褐色の斑紋があります。
花の付け根付近がやや細く、隙間があるため、スカシユリと呼ばれています。
1つの株にいくつかつぼみを持っています。


DSCF1975.jpg

高さは20cm~60cmですが、風の強い場所では低くなります。
葉は互生し、厚くて光沢があります。
葉は茎につく間隔が短く、密生しています。


DSCF1974.jpg

スカシユリは、強い風と潮風に強いため、海岸付近の風の当たるところでも良く育ちます。
青ヶ島でもよく見ることが出来るのは、やや高台の潮風が当たる場所でした。


DSCF1963.jpg

今日は、天気がよく暑かったです。
八丈島がよく見えました。


DSCF1971.jpg

神子ノ浦に船がいました。
海の透明度も良いです。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

ヒメヒオウギズイセンの花

DSCF1892.jpg

ヒメヒオウギズイセンの花が咲いています。
ヒメヒオウギズイセンは、アヤメ科ヒメトウショウブ属の球根草です。
草丈は60cm~150cmほどで、花はオレンジ色の花が交互に付きます。
青ヶ島では、道端やお墓などでよく見られます。
群生しているところもあります。
球根があるので、毎年同じ場所で花を咲かせます。
特別に手入れも不要で、草むらでも咲く強い花です。


DSCF1947.jpg

久しぶりに天気が良かったですね。
水平線は雲がかかっていましたが、夕日がきれいでした。

シマホタルブクロの花

DSCF1893.jpg

シマホタルブクロの花が咲いています。
以前にも一つ見つけましたが、やっとたくさん咲いてきました。


DSCF1901.jpg

咲き始めの蕾と花が付いている株がきれいです。


DSCF1894.jpg

道端に咲いていることが多いようです。


DSCF1899.jpg

つぼみもまだたくさん付いていました。
これからもしばらくは楽しめそうです。


DSCF1902.jpg

4日間、ヘリも船も来ませんでしたが、やっと雲が晴れて見通しがよくなってきました。
お昼過ぎにヘリが来たようです。
明日は晴れそうです。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

シェフレラの実

DSCF1861.jpg

シェフレラの実がなっています。
シェフレラは、ウコギ科シェフレラ属の常緑低木です。
通称でカポックと呼ばれることが多いようですが、
カポックという他の木があるそうで間違いとのことです。
オレンジ色の実が池之沢のいたるところで見ることが出来ます。


DSCF0817.jpg

花は4月末に咲いていました。
花はそれほど目立ちません。


DSCF0818.jpg

葉はつやつやしていて厚みがあり、美しいので観葉植物として栽培されています。
青ヶ島では、防風林の代わりとして、畑の回りに植えられています。
斑入りのものが美しいですが、数は多くありません。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

アメリカデイゴの花

DSCF1839.jpg

アメリカデイゴの花が咲いています。
アメリカデイゴは、マメ科デイゴ属の落葉広葉低木~高木です。
別名をカイコウズとも言います。
植生されたもののようです。
樹高は風の当たらない所では6mほどになるようですが、この木は2mほどでした。


DSCF1848.jpg

葉は小葉3枚に分かれた複葉で、長さは8~15cmです。
1枚の葉は、楕円形をしています。


DSCF1850.jpg

葉の裏面や葉の茎にはトゲがあります。


DSCF1840.jpg

花は鮮やかな濃い紅色で、とても目立ちます。


DSCF1841.jpg

花びら1枚が5cmほどあり、舌状に張り出しています。
マメ科特有の蝶形花です。
花は今年伸びた枝に付きます。
葉を3~4枚残して切ると、横から芽が伸びてまた花が咲くそうです。
冬は落葉して枝だけになります。
秋~冬に伸びた枝と小枝をすべて切り落として強剪定した方がよいとのことです。
手入れする人がいないようで、枝がすこし混み合っていました。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

タケダグサの花

DSCF1831.jpg

タケダグサの花が咲いています。
タケダグサは、キク科タケダグサ属の一年草です。
別名、シマボロギクとも言います。
草丈は50cm~1mほどです。
花は1.5cmほどで、筒状花です。
冠毛は淡桃色で、茎の先端に十数個集まって咲きます。


DSCF1835.jpg

葉は切れ込みがあります。
薄く柔らかい葉です。


DSCF1836.jpg

ベニバナボロギクと似ていますが、ベニバナボロギクは花が下向きに咲くのが特徴です。


DSCF1879.jpg

今日は、朝は少し見通しが良かったです。


DSCF1880.jpg

すぐに、霧がかかってきました。
一日中濃い霧の中でした。
気温は高くて蒸し暑かったですね。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

サンゴジュの花

DSCF1824.jpg

サンゴジュの花が咲いています。
サンゴジュは、スイカズラ科ガマズミ属の常緑小高木です。
植生されたもののようです。
葉は厚く、乾燥や寒さに強いと言われています。


DSCF1825.jpg

花冠は5裂して、反り返ります。
秋になると赤い果実がなります。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。