スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツルソバの花

DSCF6563.jpg

ツルソバの花が増えてきました。
10月中旬頃から多くなってきました。
近くで見るときれいな花です。


DSCF6565.jpg

今の時期は花が少ないのですが、ツルソバが群生して咲いていると
なかなかきれいです。
黒紫色の実がついているものが少しありましたが、まだそれほど多くはないようです。

今日は曇りがちな天気でしたが、雨は降りませんでした。
還住丸は運行でした。
スポンサーサイト

theme : 自然の中で
genre : ライフ

ハロウィン

DSCF6557.jpg

今日はハロウィンです。
子供たち用にお菓子を用意していたら、ピンポーンと音がしてやってきました。
「TRICK OR TREAT」
お菓子をあげました。
昨日は、保育園の子供たちが、黒いビニール袋にカボチャの絵を書いた画用紙を貼って、
黒い帽子をかぶって仮装していました。
村内を歩き回っていたようです。

黄八丈サブレをお土産にもらいました。
ハロウィン限定でカボチャの形をしています。

新しい鳥居

DSCF6538.jpg

作業をしていたので、ちょっとのぞいてみたら、新しい鳥居を作っていました。
鳥居は丸太から手作りするようで、継ぎ目も釘を使わずに作るようです。
大里神社などの鳥居になるようです。


DSCF6542.jpg

外は不思議な雲がありました。
長細い雲がならんでいました。


DSCF6545.jpg

今日は雲が多めでしたが、良い天気でした。
還住丸は運行でした。
ゆり丸も運行でした。
やっと船が順調に来ています。


DSCF6549.jpg

イヌタデの花

DSCF6464.jpg

イヌタデの花が咲いています。
イヌタデは、タデ科タデ属の一年草です。
いたるところに見られる雑草ですが、秋に咲く花はピンク色をしていてきれいです。
つぼみもピンク色です。
実は黒い色ですが、萼がピンク色のため、全体的にピンク色をしています。


DSCF6534.jpg

朝から雨が降っていましたが、ヘリの時間は雨があがっていました。
昼ごろに強い雨が降りましたが、午後からは曇りになりました。


DSCF6535.jpg

夕方には夕日が見えました。
還住丸は、運行でした。
先週の月曜日以来、久しぶりです。
ゆり丸は明日の朝決めです。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

青唐辛子

DSCF6496.jpg

先日、台風の前に青唐辛子を収穫してきました。


DSCF6498.jpg

結構取れました。
赤くなった唐辛子も少しとりました。


DSCF6505.jpg

乾燥機に入れて、3日ぐらいで乾燥するようです。


DSCF6525.jpg

乾燥したら、半分ぐらいは赤くなっていました。
青と赤の唐辛子を分けて粉にしました。


DSCF6529.jpg

青唐辛子を粉にするには、できるだけ早く乾燥して粉にしないといけないようです。
青いものをとっても、陰干しした場合は、乾燥するころには赤くなってしまいます。
全部粉にしてみると赤の方が多く出来ました。


DSCF6521.jpg

今日は良い天気でした。
風はまだ強めです。
還住丸は欠航でした。

キンカンの実

DSCF6493.jpg

キンカンの実がなっていました。
橙色に色づくまでは、もう少し時間がかかります。
青ヶ島では畑の横に、植えてあるのをときどき見かけます。
色づくころには、冬がやってきます。

台風20号がすぎて、とてもよい天気になりました。
風がまだ少し強かったです。
還住丸は欠航でした。

パッションフルーツの挿し木、その後

DSCF6470.jpg

パッションフルーツの挿し木をしましたが、その後いくつかは枯れてしまいました。
残ったものは、5つで、そのうち4つから芽が出てきています。1つは枯れていないのですが、
芽が出てこないので、たぶんダメなのでしょう。
確率としては、4/15なので約27%、素人なのでまあまあでしょうか。


DSCF6508.jpg

台風20号が近づいてきています。
今日は霧の深い一日でした。
午前中は雨はそれほど降らなかったのですが、午後になって雨になりました。
還住丸は欠航でした。しばらくは無理のようです。
ヘリも欠航でした。

港の様子

DSCF6500.jpg

久しぶりに港に行きました。
台風18号の影響は、かなり大きかったようで、
波で港のフェンスが曲がっていました。
こんなに太い鉄筋が曲がるなんて、大変な力です。
新堤の工事中の場所も、土砂で埋まっていました。
せっかく、掘ったところなのに、ふりだしに戻ってしまったようで、
工事の方の苦労が忍ばれます。


DSCF6502.jpg

港の待合所のフェンスも曲がっていて、窓が割れていました。
入り口のドアもどこかに持って行かれたようです。
現在、新しい待合所をもう少し上に作っているところです。


DSCF6501.jpg

待合所の上の温泉も跡形もなくなくなっていました。
風呂桶ごとなくなっていました。
温泉を引いていた管も破壊されていました。
上げておいた船も傾いていたようで、橋の上まで波が来ていたようです。


DSCF6484.jpg

今日は曇りでしたが、ときどき雨が降りました。
それほど長く続く雨ではなかったです。
還住丸は、就航日でしたが、波が落ち着かず欠航でした。

銀杏の殻むき

DSCF6473.jpg

実家から銀杏が届いたので、殻むきをしました。
実家近くのお友達の家でひろってきたようです。


DSCF6477.jpg

とりあえず、銀杏むきで固い殻を向きました。
薄皮は、5分ほど塩水で煮ると簡単に取れました。


DSCF6482.jpg

うちでは、銀杏は3つづつ楊枝に刺して保存しています。
刺しておくと、おでんや煮物に入れたときに食べやすいのです。


DSCF6483.jpg

粒の大きな立派な銀杏です。
きれいなひすい色をしています。
フライパンで少し炒ってから、ひんぎゃの塩をかけて食べてみました。
ほろ苦い独特の味は、秋を感じます。

今日は、1日雨でした。夕方から風も強くなってきました。
低気圧が来ているようです。
台風も進路を変えて近づいてきています。
還住丸は欠航でした。今週は月曜日に運行してから来ていません。
今後もしばらくは難しそうです。
ゆり丸は運行でした。

麦麹造り

DSCF6460.jpg


朝から良い香りがするので、少しのぞいてみたら、麦麹を作っていました。
青酎の原料となる麹です。
鍋を直火にかけて、麦を炒っていました。

青ヶ島では、炒ることを「よる」と言うので、正確には「麦をよる」のようです。


よくよった麦は、茶色から黒の様々な色をしていて、きれいです。
麦茶とほうじ茶を合わせたような、より深い香ばしい香りがしました。

よった麦は、機械で細かくします。
細かくすると色が少し白くなりました。


DSCF6444.jpg

生の麦もありました。


DSCF6466.jpg


生の麦も細かくしていました。
これで本日の作業は終了のようです。
後日、よった麦を細かくしたもの、生の麦を細かくしたもの、生の麦を水につけたもの、ふすまを混ぜて、熱を加えて、板の上に並べます。

青酎の作り方は家によって違います。
麦をよらない人もいるようです。
混ぜる量もその家によって違うようなので、味や香りが違う様々な青酎があります。


DSCF6467.jpg

今日は、雲もありましたが、良い天気でした。
還住丸は欠航でした。
ゆり丸は、明日の朝7時に入港予定です。
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。