スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シマクサギの実

DSCF6825.jpg

シマクサギの実が色づいてきました。
シマクサギの実は初めは緑色ですが、熟すと黒に近い色になります。
熟す途中のターコイズブルーの色がとてもきれいで好きです。
今年が風が強いため、実が落ちてしまっていて、なかなか沢山実がついているものがありません。

今日は、曇りでしたが、日が出ている時間が結構ありました。
日中は少し寒さが和らぎましたが、夜は寒くなってきました。
還住丸は条件付で、運行でした。
黒潮丸も来ました。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

ノコンギクの花

DSCF6853.jpg

ノコンギクの花
が咲いています。
青ヶ島では6月頃から咲いていますが、11月頃になって沢山咲いてきました。
風で結構花が取れていますが、群生しているところはきれいです。


DSCF6849.jpg

今日は、午前中に少し雨が降りましたが、午後からは日が差しました。
夕方にはまたパラパラ雨が降っています。
風が冷たいままで、寒くなりました。
還住丸は欠航でした。
黒潮丸は明日の朝決めです。

島とうがらし

DSCF6833.jpg

この前に作った島とうがらしの粉末を分けていたら、きれいに三色になっていました。
赤いものは、日陰でゆっくり乾燥させたもので、粉にする前も真っ赤でした。
緑のものは、青とうがらしを乾燥機で乾燥させて、緑のものだけ分けて引いたもの。
オレンジ色は、中途半端に色がついた赤とうがらしと、少し赤みがかかった青とうがらしが混ざったものです。

透明なビンに入れて飾っておけば、きれいなのでしょうか、適当なビンが見つからず、
ジップロックの袋に入れておきました。
使うのがちょっともったいないです。

今日は曇りがちでしたが、時々日がさしました。
天気はまあまあですが、空気が冷たくなってきました。
還住丸は欠航でした。

サカキカズラの実

DSCF6790.jpg

サカキカズラの実がなっています。
サカキカズラは、キョウチクトウ科サカキカズラ属の常緑の蔓性植物です。
実は、10cmほどの細長い円錐状のものが二つ対になってつきます。
ひげのようなとても不思議な形をしています。


DSCF6793.jpg

中には、対になっていないものもあり、垂れ下がっています。


DSCF6792.jpg

実は自然に割れると、中から綿毛のついた種子が出てきます。
綿毛が風に乗って種子を遠くへ運ぶようです。


DSCF0916.jpg

花は、4月頃に咲いていました。
淡黄色の1cmほどの花は密集して咲き、裂片が巻いています。
表面には白い毛が沢山生えています。
青ヶ島には、似た蔓植物のテイカカズラがありますが、巻き方が緩やかで、
ジャスミンに似た香りがします。
サカキカズラの花の方が、よく巻いていて風車のように見えます。

今日は、お昼前から雨が降り始めました。
夜になって風が少し出てきました。
還住丸は運行でした。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

シチトウタラノキの実

DSCF6821.jpg

シチトウタラノキの実がいっぱいなっている木を見ました。
もうほとんど実が落ちてしまっている木が多いですが、風が当たらないのか
まだ沢山の実をつけています。


DSCF6822.jpg

実は初めは緑色ですが、熟すと黒紫になり、固まってついています。
実をつける茎の色も緑から紫色に変わります。


DSCF6817.jpg

今日は、曇りがちでしたが、日中はときどき日がさしました。
空気が冷たくなってきました。
還住丸は条件付で運行でした。
黒潮丸は先週の金曜日から欠航していましたが、今日はやっと来ました。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

カンモのつる切り

DSCF6832.jpg

今日は、カンモ(サツマイモ)のつる切りでした。
カンモのつるの根本をカマで一本一本切っていきます。
こうして、つるを取り除いた後に機械でカンモを掘るためです。
今年は、雨が多く、日照不足で、カンモがあまりよく育っていないようです。
立派なカンモもありましたが、小さなカンモが多かったです。
小さめの畑で4枚終わりました。


DSCF6828.jpg

カンモの花も咲いていました。


DSCF6819.jpg

今日は、一日とても良い天気でした。
日差しは暑かったですが、風が涼しかったので、作業しやすい陽気でした。
還住丸は運航日でしたが、欠航しました。

マルバグミの花

DSCF6692.jpg

マルバグミの花が咲いています。
マルバグミはグミ科グミ属の常緑低木です。
花は黄白色で、葉腋からでます。
葉裏には、銀色の鱗片がつきます。
枝は蔓状に伸び、滑らかですが、太く古くなると縦にすじが入ります。
実は、2月下旬から4月に赤い楕円形の実をつけます。
実は、少し渋いですが食べられます。


DSCF6705.jpg

今日は、朝から雨が降っていました。
午後になって強い雨が降りましたが、夜になって弱まってきました。
還住丸は欠航でした。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

トゲナシサルトリイバラの実

DSCF6713.jpg

トゲナシサルトリイバラの実がなっていました。
トゲナシサルトリイバラは、サルトリイバラ科シオデ属の多年生の蔓植物です。
トゲナシサルトリイバラの花は4月頃に咲いていました。
しばらく見ないうちに、いつのまにか実が赤くなってきました。
まだ葉は落ちていません。
リースに出来るぐらいたくさんありました。

今日は、朝から雨が降っていましたが、夕方にはやんできました。
風も落ち着いてきています。
天気はだんだんと回復して来ているようです。
還住丸は欠航でした。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

マルバアキグミの実

DSCF6703.jpg

マルバアキグミの実がなっていました。
マルバアキグミは、グミ科グミ属の落葉低木です。
マルバアキグミの花は4月頃に咲いていました。
葉はアキグミよりも大きく、丸いのが特徴です。
葉の裏には、密生して鱗片をつけ、白い色をしています。
花は、葉腋から下向きに白色の花を数個つけます。


DSCF6688.jpg

実は、春に出来るグミ(マルバグミ)よりも小さく、赤くなると食べられますが、
かなり渋いので、青ヶ島では誰も食べないようです。
実は風に弱いようで、すぐに落ちてしまいます。


DSCF6810.jpg

今日は、雨が降っていましたが、夕方はやみました。
風は相変わらず強く吹いています。
還住丸は欠航でした。

イソギクの花

DSCF6682.jpg

イソギクの花が咲いています。
イソギクは、キク科キク属の多年草です。
秋に茎の先端に多数の散房花をつけます。
舌状花はなく、筒状花のみの黄色い花です。
葉は厚く、楕円形で、大きく円形の鋸歯が入ります。
葉の裏には白い毛が密生し、縁まで覆われています。


DSCF6807.jpg

今日は、午前中から雨が降っていました。
時々、強く降りましたが、落ち着いたときにはそれほどでもなかったです。
還住丸は欠航でした。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。