スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦麹作り2

DSCF6581_20091105180044.jpg

麦麹造りをしていました。
10月23日に、よった麦を使いました。
生の麦を水に2時間ほどつけ、よった麦の粉末、生の麦の粉末、ふすまと混ぜます。
量が多いので、水につけたり、混ぜたりするだけたとても大変のようです。
混ぜたものは、手で握ると少し形が付くぐらいがよいとのことです。
麦の水加減で固さを調節します。


DSCF6582.jpg

混ぜた麦は、大きな釜で、1時間ほど蒸しました。


DSCF6583.jpg

蒸し終わったものは、とても熱いですが、
すぐに塊がなくなるように手で細かくほぐします。
沢山の量の麦を手作業でほぐすので、ほぐすだけで1時間以上かかりました。


DSCF6595.jpg


細かくした麦は、エイガと呼ばれる畳ほどの板の上に均一に並べます。
エイガは昔は、ソーカ(ゲットウ)の茎で作ったようですが、今は板で作られています。

上にはオオタニワタリの葉を隙間なく敷きます。
昔は、風の当たらない場所の痛みの少ないアジサイの葉を使ったようです。

その上にさらにエイガを乗せ、次々と麦麹を作っていきます。
一度に30~40枚以上作るので、この作業もかなり時間がかかりました。
3日ほど温度が上がるまで保温し、麹菌が増えるのを待ちます。


DSCF6579.jpg

今日は良い天気でした。
日なたでは少し動くと汗が出るぐらいでした。
麦麹造りは温度が高い方がよいので、今日は暖かくて良かったです。
スポンサーサイト
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。