スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サカキカズラの実

DSCF7280.jpg

サカキカズラの実がなっていました。
サカキカズラの実は11月頃にも見ましたが、
丸山付近では今の時期に実がついているようです。


DSCF7279.jpg

ひげのような形をしていて、乾燥すると割れます。
割れると中から、綿毛のついた種子が出てきます。


DSCF7287.jpg

種子はやや扁平で少し反り返っています。
テイカカズラの種子も似ていますが、テイカカズラの方が細長くなっています。
森の中には、種子がたくさん落ちていましたが、
実は木の上の方にあるので、なかなか見つけることはできません。

今日は、午前中は良い天気でしたが、15時ごろから雨が降ってきました。
還住丸代船ゆり丸は運行でした。
黒潮丸も2日遅れで運行でした。
スポンサーサイト

theme : 自然の中で
genre : ライフ

椿油作り 最後の仕上げ

DSCF7254.jpg

今日は、椿油作りの最後の仕上げをしました。
搾った油には不純物や水分が混ざっているので、そのままにしておくと腐ってしまうのです。
まずは、アシタバのそとっぱを摘んできました。
アシタバの固くなった外側の葉のことです。


DSCF7256.jpg

鍋に椿油とアシタバのそとっぱを入れて、火にかけます。


DSCF7257.jpg

水分が出てくると泡がたってきます。
この泡がなくなるまで火にかけます。
油から少し煙が出てくるぐらいまで火にかけてみました。
少し、アクのようなものが浮いてきたた、すくっておくときれいに仕上がります。


DSCF7258.jpg

水分が抜けてくると、アシタバの葉が黒くなってきます。
アシタバの葉が真っ黒になるまで、もう少し火にかけました。
部屋中が椿油のとてもよい香りになりました。


DSCF7260.jpg

できあがった油は、透き通ってきれいな色をしています。
十分にさましてから、澱が入らないように濾してビンに詰めます。
ビンに詰めたものは、入れてすぐは少しにごっていますが、
しばらく静かに置いておくと、澱が沈んで透明になります。

今日は、晴れて暖かい日でした。
還住丸代船黒潮丸は欠航でした。
黒潮丸は明日の朝決めに変更です。

マサキの実

DSCF7174.jpg

10日前はまだ開いていなかったマサキの実が、一斉に開いてきました。
中から、赤い実が顔を見せています。
もう少しするとたくさん割れて、赤い実がきれいに見えてきます。
岡部ではいたるところに植えられていますが、
近くでよく見てみると、色がきれいでいいものです。

今日は、晴れでした。
風は少しだけでした。
低気圧が過ぎた後で、波が残っていました。
還住丸代船ゆり丸は欠航でした。
黒潮丸は明日の朝決めに変更です。

ミズスギ

DSCF0105.jpg

ミズスギが生えていました。
ミズスギは、ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属のシダ植物です。
ミズスギは、日の当たる斜面や湿気の多い場所に生えます。
青ヶ島では、丸山の噴気孔付近のひんぎゃがあがっている場所で、多く見られます。
水がしみ出ている場所で良く育つようで、ひんぎゃで表面が濡れている斜面はとても生育環境が合っているようです。


DSCF0394.jpg

茎は地表をはっています。
先端についている種の様なものは、胞子嚢穂で、
下向きに垂れるのが特徴です。

今日は午前中は曇りでしたが、昼頃から雨が降ってきました。
夕方にはやみましたが、風が少し出てきました。
気温が上がっているので、冷たくない風です。
還住丸代船ゆり丸は欠航でした。

ヘラシダ

DSCF7041.jpg

ヘラシダがたくさん群生しています。
ヘラシダは、イワデンダ科ヘラシダ属のシダ植物です。


DSCF7042.jpg

細長い単葉の葉は革質で、葉柄には褐色の細い鱗片がつきます。
先端は細く尖っており、基部には葉柄がはっきりしています。
葉縁はやや波打ったような形です。


DSCF7043.jpg

ソーラス(胞子嚢群)は、葉裏に側脈に沿って、線状につきます。
ヘラシダは、湿気の多い、斜面に多く見られます。
無縁墓から休戸橋(やすんどばし)に降りていく細い道には、
見事なヘラシダの群生を見ることができます。


DSCF7187.jpg

今日は、晴れて気温も上がり、暖かくなりました。
還住丸代船ゆり丸は運行でした。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

シマクサギの実

DSCF7127.jpg

シマクサギの実が熟しています。
シマクサギの花は8月頃に咲いていました。
色づいている途中は、緑やターコイズブルーなど様々な色をしていましたが、
熟すと黒に近い色になりました。
がくもきれいに色づいて開いています。
そろそろ実も終わりです。

今日は、風も穏やかで晴れていました。
気温は少し低かったので、少し寒かったです。
還住丸代船ゆり丸は欠航でした。

マメヅタの胞子葉

DSCF7175.jpg

マメヅタの胞子葉が出ていました。
マメヅタは、ウラボシ科マメヅタ属のシダ植物です。
たまたま、昨日ツバキ油搾りをしていたら、近くの木の表面にくっついているマメヅタを見つけました。
よく見ていると胞子葉がついていました。


DSCF7176.jpg

マメヅタは、樹木や岩などに茎を伸ばし、くっついています。
栄養葉と胞子葉があり、肉厚な丸い葉っぱのようなものが栄養葉です。
胞子葉は、栄養葉よりも長細く、やや立ち上がっており、裏に胞子嚢群がついています。
胞子嚢群は、近くで見ると小さな卵がいっぱいついているように見えます。

今日は、午前中は晴れで風も弱かったのですが、夕方になって風が出てきました。
夜になると雨も降っていました。
還住丸代船黒潮丸は運行でした。
先週の水曜日ぶりでした。

ツバキ油搾り2

DSCF7160.jpg

今日もツバキ油搾りでした。
今日は、一番搾りをある程度搾ってから、二番搾りをしました。
一番搾りが終わったものを、細かくばらしてから、良く乾燥させ、また臼で細かくつぶします。
その後、また蒸してから、二番搾りをしました。
ツバキ油搾りをすると、ツバキの油で、手がつるつるになります。
冬になって荒れていた指先も、かなり保湿されました。


DSCF7170.jpg

今日は、晴れでした。
天気がよく、日が当たっていると暖かかったです。
風も落ち着いてきました。


DSCF7172.jpg

還住丸代船は欠航でした。
黒潮丸は明日の朝決めに変更です。

ツバキ油搾り

DSCF7157.jpg

今日は、ツバキ油搾りをしました。
ツバキの実は、9月頃に山から取ってきました。
良く干してから、9月末から11月にかけて、黒い殻をむいておきました。
中の黄色い実は、十分に天日で干してあります。
黄色い実は、まず臼で細かく、つぶします。


DSCF7158.jpg

このぐらい細かくなるまでに、約20~30分。
臼の真ん中をひたすら、ついていると、つぶれていない実がまわりから崩れて真ん中に集まってきます。
真ん中だけたたけば、きれいに細かくなるように、臼には少しだけかえしがついていました。


DSCF7159.jpg

細かくしたものは、ふるいでふるって、粉になったものだけを集めます。
粒の大きな物は、まだ臼で細かくします。


DSCF7161.jpg

粉になったツバキの実は、セイロに入れて蒸します。
真ん中に少しくぼみを作っておくと、早く蒸かすことができるようです。


DSCF7162.jpg

約45分ほど蒸すと、黄色い色が濃い茶色に変わります。
触ってみて、とても熱くなっていた方が、たくさん油を搾れるようです。


DSCF7163.jpg

セーデと呼ばれる油を絞る専用の竹かごの中に、蒸したツバキの実を入れます。
竹のセーデは、青ヶ島ではほとんど作れる人がいなくなってしまったため、とても貴重なものです。
ゆっくり搾らないとセーデが壊れてしまうのですが、
ゆっくり搾っている暇がないため、今回は梱包用のビニール紐で作ったセーデで搾りました。
セーデを搾り板に挟み、反対側に杭を打ち込んで、板の幅を狭めて行きます。
杭を太い物に4回変えながら、搾っていきます。


DSCF7164.jpg

搾り始めると、下からザーッという音と共に、ツバキ油が出てきました。
よく乾燥させた物からはたくさん出るようですが、今年は天気が悪かったので、
去年よりは、油の量が少なかったです。


DSCF7167.jpg

ツバキ油は山吹色をしていて、きれいです。
今は、少し濁っていますが、煮沸して水分を抜き、しばらく置いておくと透明に澄んできます。

今日は、一番搾りだけで精一杯でした。
搾ったあとのものを、細かく砕き、また蒸して二番搾りも搾ることが出来ます。
できれば、二番までは搾りたいものです。

今日は、午前は曇り、午後から少し日が出来てきましたが、風があり、気温の上がりませんでした。
昨日に比べて、とても寒くなりました。
還住丸代船は欠航でした。
黒潮丸も明日の昼決めに変更です。

ハチジョウアザミの花

DSCF7036.jpg

ハチジョウアザミの花が咲いています。
ハチジョウアザミの花
は、通常秋に咲きますが、
青ヶ島では4月頃にも咲いていました。
10月~11月にたくさん咲いていましたが、1月になってもまだ咲いています。
寒さのためか、さすがに最近は少なめになってきました。

今日は、曇りで、風も少しありました。
昨日に比べ、急に寒さが増し、風が冷たかったです。
還住丸代船は欠航でした。
黒潮丸は明日の昼決めに変更です。
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。