スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイゴケ

DSCF7228.jpg

ハイゴケがありました。
ハイゴケは、ハイゴケ科ハイゴケ属のコケ植物です。
ハイゴケは、比較的どんな環境でも育つコケで、特に日当たりのよい荒れ地などに見られます。
青ヶ島では、噴気孔地帯によく見られます。


DSCF7226.jpg

茎は地面を這うように育ち、10cmほどの長さになります。
羽のような形の枝を伸ばします。
日差しが強くても湿度があれば、育つようです。
園芸用の苔玉によく使われる植物です。

今日は、晴れて気温もあがり、風も生暖かいぐらいでした。
還住丸代船黒潮丸は欠航でした。
スポンサーサイト

ヒサカキの花

DSCF7299.jpg

ヒサカキの花が咲いています。
12月の中旬には雄花がさいていましたが、今度は雌花が咲いていました。
雄花には12~15個の雄しべがありますが、
雌花は1つの雌しべがあり、花柱の先端が3裂します。
今咲いている花は、中を見ると、3裂している雌しべが見えました。

今日は良く晴れて、気温も少しあがりました。
還住丸代船黒潮丸は運行でした。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

サカキカズラの実

DSCF7302.jpg

先週見たサカキカズラの実が割れていました。
中から綿毛のついた種子が見えています。
風に吹かれて、今にも飛んでいきそうでした。


DSCF7303.jpg

山道の途中にも、サカキカズラの実がたくさん落ちていました。
山の中では白い綿毛がよく目立ちます。
白い綿毛はとてもふわふわして柔らかいです。

今日は、晴れで昨日よりは少し暖かくなりましたが、まだ寒いほうです。
還住丸は運休日です。
明日は波が落ち着くようです。

タコノキの実

DSCF7289.jpg

タコノキの実が熟して、落ちていました。
持ち主の方が、近くにいたので、少し頂いてきました。


DSCF7292.jpg

去年も植えてみましたが、全滅してしまったようです。
去年のものは熟してはいたのですが、少し乾燥しすぎていました。
今年のものは、良く熟していて押すと柔らかいです。
少し独特の甘いにおいがして、柔軟剤のにおいに似ているようです。
また、植えてみました。
芽がでるかどうかは、気長に待っています。

今日は、曇りでとても寒い一日でした。
還住丸代船は結構でした。

ツワブキの新芽

DSCF7206.jpg

ツワブキの新芽が出ていました。
ツワブキの花は11月頃さいていましたが、もう新芽が出ていました。
2月から3月になると新芽がたくさん出てきます。
新芽は、綿毛がたくさんついており、食用になります。


DSCF7255.jpg

綿帽子のような種子がたくさんついているものもありました。

今日は、曇りでしたが、日がさしている時間もありました。
気温は上がらず、寒いです。
還住丸代船黒潮丸は運行でした。
明日は、また波が高くなるようです。

チガヤ

DSCF7225.jpg

チガヤの穂が風に揺られています。
チガヤは、イネ科チガヤ属の多年草です。
チガヤの葉は、冬に枯れてしまいますが、ひんぎゃの出ている暖かい場所では、
枯れずに残っているものもあります。


DSCF7223.jpg

銀色の花穂は、春になると至るところで見ることができます。
今の時期に、花穂が出ている場所は、ひんぎゃで暖かい場所のみです。

今日は、曇りで気温も上がらず寒い一日でした。
還住丸代船ゆり丸は欠航でした。

オニタビラコの花

DSCF7233.jpg

オニタビラコの花が咲いています。
オニタビラコは、キク科オニタビラコ属の1年草です。
オニタビラコの葉は、地面に張り付くようにあり、ロゼット状と言われます。
葉は、羽状に深い切れ込みが入っています。


DSCF7231.jpg

花茎は直立し、直径7mmほどの黄色い花をつけます。
花期は4月から10月頃までですが、暖かい地方では1年中咲いています。
青ヶ島でもほぼ1年中見ることが出来ます。
花のあとには白い冠毛がつきます。

今日は曇りの一日でした。
風はなかったですが、気温が低く、少し寒い一日でした。
還住丸代船黒潮丸は欠航でした。

オオアリドオシの実

DSCF7264.jpg

オオアリドオシの実が色づいてきました。


DSCF7265.jpg

オオアリドオシの実は、2週間ほど前はまだ緑色をしていましたが、
多くの実が赤く熟してきています。
この時期は、咲く花が少ないので、赤い色の実は貴重です。


DSCF7282.jpg

しかし、オオアリドオシはトゲがあるので、山を歩くときにはとてもやっかいな植物です。
オオアリドオシのトゲは、葉の1/2ほどの長さです。
よく似た種にアリドオシがありますが、トゲが葉の2/3より長いことで区別できます。
青ヶ島にはアリドオシはないようですので、気にしなくてもよいのかもしれません。


今日は、曇りでしたが、結構日が差していました。
風も少しだけでした。
還住丸代船黒潮丸は欠航でした。

アオノクマタケランの実

DSCF7239.jpg

アオノクマタケランの実がなっていました。
アオノクマタケランは、ショウガ科ハナミョウガ属の多年草です。
葉は表面に光沢があり、長さ50cm、幅10cmほどです。


DSCF7240.jpg

実は初冬に熟し、赤い1cmほどの実がつきます。


DSCF7242.jpg

赤い実がついたものは、他の島ではお正月用の生け花に出荷されることもあるようですが、
青ヶ島では分かりません。


DSCF2013.jpg

花は6月末頃に咲いていました。
花は白い色をしていますが、中央に溝があり、その周囲は淡い紅色をしています。
道端にきれいに植わっているので、植生されたもののようです。

今日は朝からパラパラと雨が降っていました。
夜になって雨が強くなり、雷がなっていました。
還住丸代船黒潮丸は欠航でした。
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。