スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチジョウイチゴの花

DSCF7428.jpg

ハチジョウイチゴの花が咲いています。
ハチジョウイチゴは、バラ科キイチゴ属の落葉低木です。
樹高は1~2mほどで、トゲはありません。


DSCF7420.jpg

花が3~4月頃に、白い花がつきます。
下向きにつくのが他のアビとの区別する特徴です。
実は6月頃にオレンジ色に実が下向きにつきます。
青ヶ島や八丈島では「サガリアビ」と呼ばれています。
数が少なく、山の中に入らないとなかなか見ることができません。


DSCF7415.jpg

葉は互生、広卵形で3~5裂し、葉の裏にはビロード状の白毛が密生しています。
葉縁の鋸歯は不揃いです。

キイチゴ属は花はとてもよく似ているので、見分けることはできません。
キイチゴ属の葉の見分け方は、アビの見分け方をどうぞ。


DSCF7485.jpg

クロマツの雄花も咲いていました。
雄花は、かたまってたくさんついています。


DSCF7484.jpg

クロマツの雌花も咲いていました。
雌花は、伸びたシュートの先端にピンク色の花が数個ついています。
かわいらしい花です。



ブログ終了のお知らせ。

転勤のため、本日でブログの更新は終了させて頂きます。
コメントを頂いた方、応援して頂いた方々に大変感謝しています。
青ヶ島の自然が、いつまでも続くように祈っています。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

theme : 自然の中で
genre : ライフ

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。