スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンモ掘り2

IMG_6084.jpg

今日もカンモ掘りでした。
今日は昨日より、掘る場所が少なかったので、午前中に掘り終わりました。
午後からは、酒工場でカンモのつるを取り、洗っていました。
ベニアズマ美味しそうです。


IMG_6086.jpg

洗ったカンモは、両端を切り落とし、傷んでいるところを包丁で一つ一つ削っていきます。
今日掘った大きな袋5つ分を洗って、削りました。
サツマイモの収穫時期なので、日が暮れても酒工場は賑やかです。


IMG_6079.jpg

今日は、曇りでしたが、ときどき弱い雨が降りました。
池ノ沢は暖かいのですが、岡部は風少し強く、風が吹くと寒いです。
還住丸は運休日でした。

カンモ掘り

IMG_6069.jpg

今日は、カンモ掘りでした。
少し寝坊しましたが、午前中から日が暮れるまでカンモを掘ってきました。
掘ると言っても、トラクターで掘ったものを拾っていくだけです。
しかし、拾っていくだけでも、沢山あるので大変です。
カゴに入れるとかなり重いので、運んでいたら体が痛くなりました。


IMG_6067.jpg

大きな袋で7袋取れました。
今年は、日が当たらなかったので、カンモが小さく、数も少ないようです。
例年ならば、12袋はとれるようです。
このカンモは、焼酎になるとのことでした。


IMG_6070.jpg

今日は、朝は少し雨が降りましたが、すぐに回復しました。
日中は、雲の少ない良い天気でした。
動くと汗がでるぐらい暑かったです。
還住丸代船黒潮丸は、八丈島へ途中で引き返していきました。
港に波がかぶっていたようです。

カンモのつる切り

DSCF6832.jpg

今日は、カンモ(サツマイモ)のつる切りでした。
カンモのつるの根本をカマで一本一本切っていきます。
こうして、つるを取り除いた後に機械でカンモを掘るためです。
今年は、雨が多く、日照不足で、カンモがあまりよく育っていないようです。
立派なカンモもありましたが、小さなカンモが多かったです。
小さめの畑で4枚終わりました。


DSCF6828.jpg

カンモの花も咲いていました。


DSCF6819.jpg

今日は、一日とても良い天気でした。
日差しは暑かったですが、風が涼しかったので、作業しやすい陽気でした。
還住丸は運航日でしたが、欠航しました。

麦麹作り2

DSCF6581_20091105180044.jpg

麦麹造りをしていました。
10月23日に、よった麦を使いました。
生の麦を水に2時間ほどつけ、よった麦の粉末、生の麦の粉末、ふすまと混ぜます。
量が多いので、水につけたり、混ぜたりするだけたとても大変のようです。
混ぜたものは、手で握ると少し形が付くぐらいがよいとのことです。
麦の水加減で固さを調節します。


DSCF6582.jpg

混ぜた麦は、大きな釜で、1時間ほど蒸しました。


DSCF6583.jpg

蒸し終わったものは、とても熱いですが、
すぐに塊がなくなるように手で細かくほぐします。
沢山の量の麦を手作業でほぐすので、ほぐすだけで1時間以上かかりました。


DSCF6595.jpg


細かくした麦は、エイガと呼ばれる畳ほどの板の上に均一に並べます。
エイガは昔は、ソーカ(ゲットウ)の茎で作ったようですが、今は板で作られています。

上にはオオタニワタリの葉を隙間なく敷きます。
昔は、風の当たらない場所の痛みの少ないアジサイの葉を使ったようです。

その上にさらにエイガを乗せ、次々と麦麹を作っていきます。
一度に30~40枚以上作るので、この作業もかなり時間がかかりました。
3日ほど温度が上がるまで保温し、麹菌が増えるのを待ちます。


DSCF6579.jpg

今日は良い天気でした。
日なたでは少し動くと汗が出るぐらいでした。
麦麹造りは温度が高い方がよいので、今日は暖かくて良かったです。

ハロウィン

DSCF6557.jpg

今日はハロウィンです。
子供たち用にお菓子を用意していたら、ピンポーンと音がしてやってきました。
「TRICK OR TREAT」
お菓子をあげました。
昨日は、保育園の子供たちが、黒いビニール袋にカボチャの絵を書いた画用紙を貼って、
黒い帽子をかぶって仮装していました。
村内を歩き回っていたようです。

黄八丈サブレをお土産にもらいました。
ハロウィン限定でカボチャの形をしています。

新しい鳥居

DSCF6538.jpg

作業をしていたので、ちょっとのぞいてみたら、新しい鳥居を作っていました。
鳥居は丸太から手作りするようで、継ぎ目も釘を使わずに作るようです。
大里神社などの鳥居になるようです。


DSCF6542.jpg

外は不思議な雲がありました。
長細い雲がならんでいました。


DSCF6545.jpg

今日は雲が多めでしたが、良い天気でした。
還住丸は運行でした。
ゆり丸も運行でした。
やっと船が順調に来ています。


DSCF6549.jpg

麦麹造り

DSCF6460.jpg


朝から良い香りがするので、少しのぞいてみたら、麦麹を作っていました。
青酎の原料となる麹です。
鍋を直火にかけて、麦を炒っていました。

青ヶ島では、炒ることを「よる」と言うので、正確には「麦をよる」のようです。


よくよった麦は、茶色から黒の様々な色をしていて、きれいです。
麦茶とほうじ茶を合わせたような、より深い香ばしい香りがしました。

よった麦は、機械で細かくします。
細かくすると色が少し白くなりました。


DSCF6444.jpg

生の麦もありました。


DSCF6466.jpg


生の麦も細かくしていました。
これで本日の作業は終了のようです。
後日、よった麦を細かくしたもの、生の麦を細かくしたもの、生の麦を水につけたもの、ふすまを混ぜて、熱を加えて、板の上に並べます。

青酎の作り方は家によって違います。
麦をよらない人もいるようです。
混ぜる量もその家によって違うようなので、味や香りが違う様々な青酎があります。


DSCF6467.jpg

今日は、雲もありましたが、良い天気でした。
還住丸は欠航でした。
ゆり丸は、明日の朝7時に入港予定です。

地震調査中

DSCF6415.jpg

地震調査のため、東海大学の先生たちが来ていました。
ヘリで池之沢や青ヶ島周辺の海域を調査していました。


DSCF6416.jpg

池之沢の外輪山の中を飛ぶヘリは滅多に見ることができません。
難しい話なのでよく分かりませんが、
マグマが出ているところや地熱が出ている場所を、測定装置で調査しているようです。
ヘリの下に測定装置とGPSをぶら下げて、調査をしていました。


DSCF6432.jpg

ヘリは中日本航空のもので、木場の東京ヘリポートから来たようです。
1機で2億円ぐらいするようです。


DSCF6430.jpg

見ていたらコックピットに乗せてくれました。
6人乗りでした。

今日は、一日曇りの天気でした。
還住丸は欠航でした。

地震計設置中

DSCF6256.jpg

ヘリポートから道を挟んだところで、工事をしていました。
地震計の設置をしているようです。
ボーリングで穴を開け、設置するので、設置完了まではかなり時間がかかるようです。
八丈島では50mほど掘れば良いようですが、青ヶ島は100mほど掘るようです。


DSCF6298.jpg

今日は、曇りでときどき雨が降りました。
毎日、天気が良くありません。


DSCF6290.jpg

午後に少しだけ晴れました。
台風が来るのは8日頃のようです。
還住丸は欠航でした。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

中秋の名月

DSCF6255.jpg

今日は、曇りでしたが、時々晴れました。
港はうねりがあり、還住丸は欠航でした。


DSCF6265.jpg

今日は、中秋の名月でお月見の日です。
ハチジョウススキごしの夕日を見にヘリポートへ行きました。


DSCF6269.jpg

後ろを振り返ると、満月が出ていました。
時々、雲で隠れてしまいますが、見ることが出来ました。
暗くなると水面に反射した月明かりがきれいでした。

明日は、防災訓練です。
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。