スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルバグミの実

DSCF7479.jpg

マルバグミの実がなっています。
マルバグミの花は11月頃に咲いていました。
1月頃から、実は出来はじめてやっと赤く熟してきました。
食べてみると、まだ渋いです。
青ヶ島では、ネンショグミと言われています。
キクラゲがつきやすい木の一つです。


DSCF7506.jpg

菜の花が満開になっていました。


DSCF7566.jpg

流し坂のサカキカズラの花も咲き始めていました。
まだまだ花芽がたくさんあったので、これからがきれいでしょう。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

ハチジョウキブシの花

DSCF7576.jpg

ハチジョウキブシの花が咲いています。
ハチジョウキブシは、キブシ科キブシ属の落葉広葉低木です。


DSCF7574.jpg

花序は10~20cmも垂れ下がり、とても立派な花です。
先端がまだ咲いていませんので、短く見えますが、全部咲くととても大きく見えます。


DSCF7575.jpg

花は小さな紡錘状の花で、4弁からなっています。
これは、黄色い雄しべが目立つので、雄花です。
雌雄異株で、雌花は雄しべが目立ちません。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

ウラシマソウの花

DSCF7430.jpg

ウラシマソウの花が咲いています。
ウラシマソウは、サトイモ科テンナンショウ属の多年草です。
紫色の花のように見える部分は、仏炎苞と呼ばれ、その中に花の集まりである肉穂花序があります。
肉穂花序の先端の付属体は、長く伸びています。


DSCF7477.jpg

葉は、十数枚の小葉からなる1枚の葉です。
湿った場所と、少しくらい場所によく見かけます。
丸山の遊歩道や神様へ行く道の途中などで、見ることができます。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

モチノキの花

DSCF7448.jpg

モチノキの花が咲いています。
モチノキは、モチノキ科モチノキ属の常緑小高木です。
雌花は数個がかたまって咲き、中心に大きな雌しべがあり、先端が4つに分かれています。


DSCF0115_20100318220234.jpg

雄花は、まわりに4本の雄しべが目立ち、中心の雌しべは退化しています。
雄花の方が、たくさんかたまって咲いています。


DSCF6969_20100318220234.jpg

実は1cmほどで、秋~冬に熟し、赤くなります。
鳥たちのエサになるようです。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

シチトウスミレの花

DSCF7543.jpg

シチトウスミレの花が咲いています。
シチトウスミレは、スミレ科スミレ属の多年草です。
花は、淡い紫色で、中央が白く抜けます。
白いものもあるようですが、見かけたことはありません。


DSCF7541.jpg

草丈10~25cmと大きなスミレで、葉は心形で、先端が尖ります。
表面に光沢があります。
タチツボスミレの変種ですが、タチツボスミレよりも全体的に大きく、
葉の付け根についている付属体(托葉)が、大きくて切れ込みが深いのが特徴です。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

アツバスミレの花

DSCF7532.jpg

アツバスミレの花が咲いています。
アツバスミレは、スミレ科スミレ属の多年草です。
花は、濃い紫色をしていますが、やや淡いいろものがあり、様々です。
花をのぞき込むと、側弁の付け根に毛があるのが特徴です。
他のスミレと比べると、比較的簡単に見分けることができます。


DSCF7535.jpg

草丈は10~15cmほどです。
葉は、丸みをおびた、へら型で厚く、光沢があります。

丸山の遊歩道にたくさん咲いているのを見ることができます。
今、咲いているものは、ほとんどがアツバスミレのようです。
(シチトウスミレも少しありますが)

theme : 自然の中で
genre : ライフ

サカキカズラの花

DSCF7530.jpg

サカキカズラの花が咲いています。
サカキカズラは、キョウチクトウ科サカキカズラ属の常緑の蔓性植物です。
サカキカズラの実は特徴的な形をしており、11月~1月頃までよく見かけました。
いたるところに見られますが、日当たりの良い流し坂の旧道でたくさんつぼみを見かけました。
花も少し咲いています。

今日も良い天気でした。
気温が20度近くまであがったので暖かかったですね。

タブノキの花

DSCF7505.jpg

タブノキの花が咲いています。
タブノキは、クスノキ科タブノキ属の常緑高木です。
つぼみから花が出始めのものがありました。


DSCF7526.jpg

つぼみが完全に開いて、花が咲いているものもありました。


DSCF7388.jpg

花は、丸い頂芽から枝分かれし、円錐状の花序を出します。先端に、1cmほどの黄緑色の花を付けます。
タブノキの実は、6月頃に緑色をしていましたが、夏に黒く熟します。
実はクロバトがよく食べているようで、なかなか熟したものを見ることができません。

タブノキの樹皮は、黄八丈の「樺(かば)」という茶色のような色を染めるものに使われます。

theme : 自然の中で
genre : ライフ

オオシマザクラ

DSCF7499.jpg


オオシマザクラが咲いています。
オオシマザクラは、バラ科サクラ属の落葉高木です。
島庁跡地のものは、ほぼ満開になっていました。


DSCF7424.jpg

丸山の遊歩道の入り口にあるオオシマザクラは、まだ少ししか咲いていませんでした。


DSCF7437.jpg

今日は、とても良い天気で暖かかったです。
青空もきれいでした。

セイコウズの芽

DSCF7386.jpg

セイコウズの芽が出てきました。
10月末頃に種を50個ぐらい埋めておきましたが、全く芽が出てこないので、
腐ってしまったかと思っていました。
先日、ふと見たところ、小さな芽が出ていました。
ぎっしり種を植えたので、30個ほど芽が出てきていました。
春が近くまで来ているのを感じます。


DSCF6846.jpg

セイコウズとは、ミカンの一種で、大きさは5cmほどの小さなミカンです。
熟すと少し甘くなりますが、酸味が強いミカンです。
おそらく、コウジミカンのことだと思いますが確かなことは分かりません。
青ヶ島ではセイコウズと呼ばれていて、昔からあるとのことですが、
正式な名前は誰も知りません。
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。